防犯コラムについて 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

防犯コラムColumn

「2022年07月」のアーカイブ

トラブル★子供と鍵

「子供が中にいるのに鍵がかかってしまった!」「子供が鍵を触ってしまい、開かなくなった!」というSOS依頼が飛び込んでくることがあります。

暑い時期はそれこそ命に関わるおそれもありますし、冬だって危険です。是非、対策を。


■ベランダ編

「ベランダにいたら子供が窓の鍵に触ってしまい、締め出された」
親としては焦りますよね。室内でお子さんが泣きじゃくってしまうことも多く、夏場はご自身も熱中症の危険がある上、午前中でまだエアコン稼働前だった場合、時間と共にガンガン室温が上がってお子さんも危険!早く開けねばなりません。
 ※作業事例【窓:子供が鍵をかけてしまった】

一軒家ならご近所や通行人に気づいてもらえやすいですが、マンションだと階によっては叫んでも意外と気づいてもらえません。立地と時間帯によっては誰も通らない場合も。運良くお隣りが在宅でも、閉めきっていると声は届き難いものです。


【対策】
①家の中でも常にスマホを携帯する→インロック以外でもいざという時にすぐ助けを呼べる。

ポケットが無い時でも両手が自由になる
ショルダーストラップやショルダーケース

②子供の成長に対して先回りして、窓ストッパーやベビーガード等、子供のいたずら防止&指挟み防止グッズ、または窓・サッシ用補助錠の中にチャイルドロックやストッパー機能付きを用いる。
 ※お子さんの身長が絶対に届かない高さに設置するのが先々まで安全です。
 ※高い位置に付けられない対策品は成長と共にいずれ開けられることを前提に、お子さんの見ている前で解除しないを家族全員で周知し対策品を使っていても用心しましょう。
 ※補助錠タイプであれば、前記事の侵入盗への窓対策にもなります。

③窓が2つあるなら両方の鍵を開けてからベランダへ出る。
対策品設置前は当面これが有用です。但し目を離せるのは短時間。子供による締め出しは大人が「まだ鍵を締められると思っていなかった」場合に起こりやすく、大人の真似をして鍵を締めてみたお子さんが短時間で2ヶ所とも締めることはあまり無さそうですが、好奇心旺盛なお子さんだと面白くてすぐ2ヶ所とも締める可能性があります。


【締め出された際の対応】①お子さんが泣いて話を聞けなくなる前に、笑顔で上手に誘導して手振りを加えながら鍵の開け方を教え、開けてもらいましょう。
 →それがダメなら②③へ

②スマホがあれば合鍵を持っている家族・親戚に助けを求められます。
 →誰も連絡がつかない・すぐ来られない場合は③へ

③スマホがあれば鍵屋が対応できます。
方法は家の階数や窓の位置、玄関のタイプによって幾つかあります。
「玄関の鍵を開ける→室内にお邪魔してベランダ窓を開ける」「梯子を利用して当該ベランダ窓の鍵を開ける」「他の開けやすい窓を開けて室内にお邪魔してベランダ窓を開ける」

④スマホが無い場合、ホウキ等を使ってできるだけ大きく高い音の出る物(手すりや金属製物干し竿等)を叩き、近隣や通行人に知らせる。
特にお隣りは振動付きの音の方が気づきやすい。
音に気づいても何事か分からないと気にしてくれない場合もあるので、助けを求める声も出す。
 ※誰かに気づいてもらうまでに時間がかかり、体調が悪くなった場合は真っ先に消防署(救急車)を呼びましょう。


■玄関・勝手口・間仕切り戸・掃き出し窓編

玄関先や勝手口でも同じことが起こりえます。
「ゴミ出しや掃き掃除・郵便物を取りに出て戻ったら、玄関の鍵が締まって閉め出された!」日頃しっかり防犯対策されている家だと、どこからも入れません。

インロックの逆はもっと危険です。『砂の塔』というサスペンスドラマをご存じでしょうか?近隣で幼児失踪事件が連続している中、主人公の娘さんが自分で踏み台を玄関まで運び、鍵を開けて外に出てしまうのですが、ドラマの本筋よりこのシーンが怖かったです。
つくづく子供を年齢で甘く見てはいけない!と思いました。大人が思うよりずっと賢くて器用、何気なく目上の人達がしていることを観察し真似してみる、日々成長して昨日できなかったことも今日はできる。だから先手を打つ方が安心です。


【対策】
①家の中でも常にスマホを携帯する→インロック以外でもいざという時にすぐ助けを呼べる。

②子供の成長に対して早めに、玄関扉へ補助錠(チャイルドロックになる外鍵用)やサムターンガード等を用いる。あるいは電気錠・電池錠にすれば防犯レベルが上がり、侵入盗対策にもなります。
 ※サムターンガードは種類によっては開けられる可能性がありますが、補助錠は外からしか開けられない錠、またはお子さんが届かない一番高い位置に設置すれば開けられる危険を防げます。

工事(穴を開ける)不要の補助錠も有り

※写真のような補助錠は扉に煙返しがあると設置ができません。煙返しのない部分・上部につけることになります。

※玄関が電気錠・電池錠の場合、扉を開ける際は必ずスマホまたはカードキーを持つ習慣をつけましょう。特に設置したばかりは要注意です。
 作業事例【電池錠:インロック解錠】

③玄関口や勝手口へ行けないよう間仕切り戸にチャイルドロックを付ける。

扉がない等でベビーゲートを備え付ける場合、比較的開けられやすいので注意が必要。
 ※お子さんが見ている前で開けないを家族で周知する。見てなくても開けられるお子さんもいますので、成長を注意深く観察して用心する必要があります。

④間仕切り戸に錠前をつける
錠前のついていない間仕切り戸や、ついていても内側からしか締められない場合、両面用に変えることが可能です。
作業事例①【子供が勝手に鍵を開けられないようにしたい】 作業事例②【引戸に鍵をつけたい】
①のように玄関・勝手口に行かせないだけでなく階段から落ちてしまわないように、という対策にも使えます。

⑤庭へ出られる掃き出し窓も注意
対策・用心すべき点はベランダ編と同じです。付け加えればリモコンタイプの電気錠・電池錠の設置も可能です。
作業事例【掃き出し窓を中からも外からも施錠したい】


【締め出された際の対応】
①お子さんに開けてもらうのが一番ですが、扉は窓と違って室内のお子さんへ声が届き難く、身振りが通じません。どこか家の中へ入れる場所を探してみましょう。

②スマホがあれば合鍵を持っている家族・親戚に助けを求められます。
 →誰も連絡がつかない・すぐ来られない場合は④へ

③スマホがない場合、ご近所の助けを借りて合鍵を持っている誰か、または鍵屋へ連絡しましょう。

④開ける手段がない場合、鍵屋が対応できます。
方法は窓編同様に家の階数や窓の位置、扉のタイプによって幾つかあります。
「玄関の鍵を開ける(玄関ごとに方法幾つか有り)」「開けやすい窓を開けて室内にお邪魔して内側から玄関を開ける」


※注意
焦っていると鍵屋ならどこでもいい!となるかもしれませんが、できるだけ冷静にきちんと先方の説明(開け方)を聞き、必ず値段と到着時間を確認し、何でもかんでも「ドアの鍵を壊さないと無理」と言って破錠代+錠前交換代として10万円近くも請求する悪質な業者に引っかからないように用心しましょう。
鍵屋からすれば技術を要する解錠ではなく、破錠+交換工事費のセットが一番容易に儲けられます。
確かに破錠でしか開かない場合もありますが、鍵の種類やドアの状態・窓の位置によっては壊さず開けられます。
しかし身体的危険な状況により緊急を要する場合はより速い業者を選択し、そして119の救援は欠かせません。
参考【高額請求鍵屋のトラブル】


■自動車編

「自動車の中に子供やペットが閉じ込められた」
車内は室内よりも急激に温度が上がり熱中症になりやすい環境です。これが一番急を要する場合が多いでしょう。
 ※作業事例【トヨタ ランクル300インロック解錠】

【原因】
作業事例では社外品のセキュリティシステムが作動してインロックになりましたが、純正スマートキーが車内にあるのに荷物を下ろしている間に誤作動でロックがかかってしまう、電池残量が残り僅かで解錠できなくなった、様々な要因による電波不良等でインロックは起こります。

【対策】
①スマートキーとスマホを必ず携帯して行動する。
「先にスマートキーとスマホの入ったバッグを助手席に置き、子供を後部座席のチャイルドシートへ、それから自分が運転席に乗り込む」
「車内でスマホを充電したまま、先に荷物を下ろす」
この2つの手順だと、インロックの危険すぐに助けを呼べない危険があります。

②搬入搬出等する際、解錠ボタンに手が届くように窓を開けておく。
ドアを1ヶ所余分に開けておく方法は、そのドアがうっかり閉まって不測の事態が起こります。

誰かを乗せたまま荷物の搬出や搬入時は
窓を開けておくと安心。


③電池残量に気をつける、スペアキーを用意しておく。
電池寿命は1~2年。しかし使用頻度や電波(家電等も電波を発している)を発する物がそばにあると電池の減りが速くなります。
中古車購入時に電池交換済か分からない場合は購入後すぐの電池交換をおススメします。

スペアキーの保管には未使用でも電池が消耗すること、コードグラバーという自動車窃盗の手口に気をつける必要があります。
コードグラバーと周囲の電波による電池消耗を防ぐには、節電モード(機能があれば)にして電波遮断ポーチやブリキ製の缶等に保管することです。できれば普段使い用スマートキーも同じ保管方法が望ましいでしょう。
参考【愛車を守るには 対策編Ⅲ】


【インロックした際の対応】
①自宅にスペアキーがあり、自宅駐車場または付近であればスペアキーで解錠
 窓を開けてあれば手を入れて解錠

②スマホがあれば合鍵を持っている家族・親戚に助けを求められます。
 →誰も連絡がつかない・すぐ来られない場合は③へ

③スマホがあれば鍵屋やロードサービス(提携の鍵屋)が対応できます。

※暑い時期にすぐ開けられない場合、消防署(救急車)へ連絡しましょう。建物内より車内はずっと危険です。

④救急車もロードサービス&鍵屋も待っていられない緊急事態の場合、窓を割るしかありません。
道具がなければ大きめの石等を使いますが、飛び散った破片で怪我をしないよう、目当ての部分にビニールや薄い布をかける等しましょう。



令和の大泥棒から学ぶ

空き巣・居空き・忍び込みといった侵入盗が活発になる時期になりました。
『令和の大泥棒に判決』被害総額5000万円以上、8年間逮捕されなかった令和の大泥棒。長い間、空き巣という犯行を成功させてきた令和の大泥棒の4つの掟とその手口から、被害者宅はなぜ狙われたのか?狙われるリスクをどうやって減らせるか、読み取ってみます。
ご自身のお宅に置き換えて気をつけるべきこと、防犯対策すべき点の参考にして頂ければと思います。


■4つの掟

①防犯カメラのない家を狙う
②留守の家を狙う
③靴を脱いで室内を荒らさない
④庭がきれいな家を狙う

①②③は姿を見られない・映像を残さない、痕跡を極力残さない、スピーディに窃盗を済ませる、ということでしょう。
家主の留守中に痕跡を極力残さなければ、盗まれたことに気づかれるまで時間を稼ぐこともできます。

④の庭がきれいな家を狙うは「家主の几帳面さの表れであり、家の中も整理されていて金目の物を発見しやすいから」とのことでした。


以前侵入盗の記事に載せましたが、これまでよく言われてきたこととして「室内や敷地内の整理整頓がされていない」というのがあります。【窃盗に遭いやすい家 其の壱】
まったく逆じゃん!となりますよね。
しかしこの理由は、「室内が整理されていないと侵入の痕跡・家探しされた痕跡に気づかれにくい」「泥棒は現地(被害者宅)で侵入に必要な道具を用いることが多く、玄関付近や庭にある掃除道具やガーデニング用品等が利用されやすい」からです。
【真夜中の脚立男】

他にも防犯上、家の周囲や庭をきれいにしておいた方が良い点があります。
「自分の家の前を掃除しておく」=周辺環境に無頓着なエリアは狙われやすい
【我が家の周辺環境から防犯しませんか? 其の壱】
「植木を定期的に剪定して整える」=鬱蒼とし死角になる場所、または侵入さえすれば道から庭の様子が見えない家は狙われやすい


この真逆の理由は泥棒する側の着眼点の違いではありますが、文章で伝える難しさも感じました。
分析された内容を箇条書き+説明分で載せていますが、周辺環境や家の立地、庭のデザインや植木の種類等々で各家それぞれの風景も状況も違います。そして下見に現われた侵入盗の着眼点によって「この家ならイケる」と判断されるか侵入を回避されるかの分かれます。
守る側からすると混乱しそうです。
しかし!人目を避け、誰も傷つけず、速やかに盗みを実行する令和の大泥棒は大きなヒントも示していますよね。

顔を極力隠しても、やはり見られたくない!映りたくない!わけです。

例えば、自宅の防犯カメラ前では顔を覆っても、覆ったまま街中を歩くのは即不審者として通報されかねません。顔を出して一般人にまぎれながら道を歩けば、どこかの監視カメラに映っている可能性があり、背格好から絞られる可能性があるわけです。
監視カメラ映像は決まった日数で消去されてしまうので、家主が気づくのが遅いほど捜査も遅れて映像も消えるので②③④の掟が活きてくるのでしょう。

合わせて、手口からも対策すべき点が分かります。


■手口

①犯行時刻は日没から午後9時
②タンス貯金をする高齢者を狙う
③無施錠の家を狙う

【窃盗に遭いやすい家 其の壱】で一番に挙げている無施錠・無締りの家がやはり最も狙われやすいということです。
ところで、取材に応じた被害者の方は「防犯カメラ無し、旅行中、整理された庭」と掟通りで、から入られています。
冒頭で侵入盗が活発になる時期と書いたのも、暖かくなると換気等の頻繁な開け閉めで窓が無防備になりやすいからです。
「うっかり閉め忘れ」もあれば「面倒だから開けたまま」「1階の窓じゃなければ大丈夫だろう」「小さな窓なら大丈夫だろう」「暑さで開けたまま就寝」…こんなことが増えますが、これこそが侵入盗の狙う無締りであり、非常に危険です。

泥棒の侵入経路ナンバー1は『窓』です。【窃盗被害に遭いやすい家 其の弐】 しかし鍵の無い窓が殆どです。
ここで言う窓の鍵とは、クレセント錠を除きます。誰でも開けられるモノは泥棒にとって施錠されているとは言い難い状態だからです。なぜか?→ ※作業事例【クレセント バイパス解錠】
お分かり頂けたでしょうか?カップメンが作れる程度の時間で壊したり傷を残すことなく…もしくは2~3cmガラスをこじ割って指一本入れられれば開けられる(泥棒の多くはこの手段)のがクレセント錠なのです。

窓が侵入経路ナンバー1な理由は、窓の閉め忘れだけでなく、標準で窓に付いているクレセント錠しかかけていないことが理由です。
【窓こそ守ろう! お手軽編】 【窓こそ守ろう! ガッツリ編】


令和の大泥棒は人を傷つけないことが掟でしたが、運悪く遭遇した家主を逃げる為に襲った侵入盗も少なくありません。ある侵入盗はまず台所で包丁を入手(身を守る物を現地調達)してから金品を探す手口でした。

生活用品である包丁の在処は分かりやすく
持つ者によって恐ろしい凶器と化します

昼寝や帰宅時、就寝中に侵入盗と遭遇する危険については【無締りの怖さと危険性】ご参考ください。

ちなみに令和の大泥棒の犯行時刻は、あくまで暗くなって人の顔が見え難い時間帯を狙いたい空き巣の一例です。日中を狙う空き巣や居空きもいますし、忍込みはそれこそ午後9時以降~深夜を狙います。


■防犯対策のポイント

①玄関・勝手口・門扉・窓を無締りにしない
やはりこれが一番外せない対策だと思います。バール等でこじ開ける手荒な窃盗犯もいますが、日頃から施錠をしっかりすることが防犯の要になります。

②我が家の弱点を分析・把握して対策
令和の大泥棒は庭がきれいな家を狙っていましたが、庭が放置され片づけが下手な家を狙う泥棒もいる上、掃除道具やガーデニング用品等は侵入の道具としてだけでなく武器にもなり得るので、やはりきちんと施錠できる場所(家の中や物置)へ片づけておいた方が安心です。

効果的な位置に防犯カメラを設置すればかなりの抑止になりますが、気にしない泥棒もいます。そこには気にしない理由や手口があり、防犯対策はひとつで成り立つものではなく、それぞれの家にそれぞれの状況や事情がある上で、効果的な対策+日頃の用心・防犯習慣を欠かさない必要があります。

③防犯意識と日頃の用心
うっかり無締りに気をつける、安易に現金があることや旅行等の不在を明かさない(※参照【SNSと侵入盗】)。

他にも日頃の防犯意識としての習慣に関してはたくさんありますし、物理的な対策もあります。カテゴリの「地域の防犯」「建物の防犯」「特殊詐欺+侵入盗」に過去記事がありますので宜しければ参考にしてください。


■時代と共に危険な方へ変化

令和の大泥棒は「人目を避け、誰も傷つけず、速やかに盗みを実行する」が掟でした。
しかしコロナによって生活様式が変わってしまった際、外出外泊が減って在宅ワークや学校の早帰り・クラス閉鎖等でこれまでは不在時間の長かった家に誰かがいる状態が増え、しかも不規則。侵入盗には厳しい状況になりました。
そうなると最初から武器持参、手荒な手段を用いるタイプの空き巣が状況によっては強盗に変身!という危険が高まります。実際、子供達が空き巣に遭遇したという事件もありました。子供だからと侮って何もしないで逃げてくれればいいですが、捕まらない為に危害を加える可能性もあり、大変危険です。

在宅が増えて不在を狙えなくなった空き巣・居空きが特殊詐欺の手口で在宅時に侵入または強盗と化す事例もあります。【空き巣・強盗が特殊詐欺と合体!】


やっと平常が戻りつつありますが、今後も何が起きるか分かりません。一定数常態化した在宅ワークにより空き巣と遭遇率が上がる可能性もあれば、長い間皆で我慢した分、旅行やのんびり帰省が増えることで侵入盗は活発化するかもしれません。
改めて防犯の見直し・強化をおススメします。



「効果的な防犯カメラの付け方って?」「ウチの立地や家・庭の状況だとどこが弱点か知りたい」という方、防犯診断・対策のご相談・防犯商品のご紹介・お見積もり、受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
【お問い合わせ方法・各種】