作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田店のご案内
  • 黒川店のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市東区】National(ナショナル)ALPHA(アルファ)サムラッチ装飾錠シリンダー交換

作業場所 愛知県名古屋市東区豊前町

本日は、「鍵をなくしたのでかえて欲しい」とのご依頼で出動!

上側シリンダー がNationalの刻印で、下側シリンダーがアルファのマーク「α」刻印になっています。

上側シリンダー がNationalの刻印で、下側シリンダーがアルファのマーク「α」刻印になっています。

 

当ホームページ作業事例に何度も登場しているサムラッチ錠・装飾錠ですが、改めてご説明します。

サムラッチ錠とはハンドルを握って、親指(サム)でつまみを押すことでラッチボルトが引っ込み、ドアを開けることのできる錠前のことです。このタイプはほとんどがアンティークな飾りの施された物なので装飾錠とも呼ばれています。
このタイプは平成元年前後に一世を風靡し、MIWA、GOAL、KODAI、WEST、今回のALPHAなど多くのメーカーがこぞって様々なデザインの装飾錠を出していました。

これらサムラッチ錠は、30年程経過していることもあり、シリンダーや錠前セットが既に廃盤品となっている物が多くあります。
そのような場合は、この作業事例のように錠ケースや把手など全てセットになった交換用錠前に加工交換するしかありませんが、今回の物は幸いまだシリンダーが手に入る物でした。

 

お客様が今までお使いになっていた鍵も上下でバラバラだったので、交換後もバラバラの方がいいということでしたのでそのように交換していきます。

このシリンダーは廃番になっていないと書きましたが、メーカーが今まで製造していた金古美色は廃止になり、全て艶ありブラック色に統一されました。

今回は、当店在庫のシリンダーを使用したので、下だけ金古美色になっています。

ちなみに、鍵一本で二カ所のシリンダーを開け閉めしたいという場合は、2個同一シリンダーもありますので対応可能です。

また、錠ケースも廃番になっておらず手に入りますので、ラッチ壊れやバネが折れてデッドボルトが勝手に動いてしまうといった症状がある場合もその部品だけでも交換可能です。
ただし、どこか一カ所が壊れた場合、近い将来他のところが壊れる可能性が高いので全体の加工交換をお薦めいたします。

上部シリンダーは現行の艶ありブラック色で下部シリンダーは金古美色。

上部シリンダーは現行の艶ありブラック色で下部シリンダーは金古美色。

 

交換が終わったら、お客様に動作確認していただいて作業終了です。

それにしてもナショナルって響きがとても懐かしいですね。

 

ゴール(GOAL)美和(MIWA)カバ(KABA)の円筒錠、補助錠、インテグラル錠、勝手口の防犯、住宅錠、引き違い錠、引き戸錠の交換、取り付け、修理は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る