作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

タグ

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

DAIYA(ダイヤ)更衣室ロッカーに鍵がささらない 修理 解錠 鍵開け

作業場所 愛知県名古屋市中村区

本日は某企業様より「従業員更衣室ロッカーの鍵穴に鍵がささらず開けられないので開けて欲しい」とのご依頼で出動!

DAIYA ダイヤ更衣室ロッカー H印

 お伺いしてみると、DAIYA ダイヤの更衣室ロッカーでした。
ピンタンブラー錠で、鍵穴の刻印はH印(H○○○)数字3桁です。

 早速お客様に鍵をお借りして挿して見たところ、ストッパー(鍵を鍵穴さした際に止まるところ)にまで2ミリほど残して奥までささりません。

一番奥のピンが動かないので奥までささりません

 DAIYA ダイヤのH印は4本ピンと言って、ピンタンブラーが4本入っているんですが、スコープで鍵穴を覗いて見たところ一番奥のピンが中途半端な位置で止まっており全く動かない状態です。

 通常、ピンは常にバネの力で元の位置に戻ろうとする力が働いています。
 鍵を差し込む際はそのバネが一旦縮んでその後、鍵山の部分にバネの力で落ちてきて、その高さが全て揃っていれば内筒がクルッと回ると言う仕組みになっています。(上記リンクのGIF参照)

 しかし、今回のようにピンタンブラーがなんらかの原因で固まってしまうとそれが障害となり鍵の先端がそれ以上刺さらなくなるわけです。

こうなると最悪ドリルで破壊開錠するしかなくなってしまいますが、できればそれは避けたいのでまずは修理できるかチャレンジします。

鍵を使って開錠♪

ということでやっていきましょう。

 まずはカギQトリオの潤滑剤をたっぷりスプレーします。
 再度スコープで覗きながらピンを触って見ましたがビクともしません😅

 仕方がないのでお客様に御了承いただいてから壊れる覚悟で(既に半分壊れてますし)強めに何度かピッキングします。
 手応えが変わったので再度スコープで覗いたところピンが上下にスムーズに動くようになっていたので鍵をさしたところ無事解錠できました♪

 これで一応大丈夫ですが、お客様には再発するといけないのでできればこのロッカーはもう使用しない方が良いことをお伝えして作業終了です。

その他鍵が奥までささらない作業事例はこちら
DAIYA(ダイヤ)、 KEYSYS、キーストック、カギ番人、スペアキーボックス、MBX-2204、キーロッカー、レジャーロック、キーバンカー、キーブロック、AGH-1A、キープボックス、ロックポケット、DKシリーズ、キーストック、カギの預り箱、カードとカギの預り箱、キーボックス、キーバンク、ポータブルバンク、キーポスト、いれタロウ、シークレットボックス等の鍵の保管庫の解錠鍵開け、修理、番号調査、シリンダー解錠等はカギの救急車 上飯田店 黒川店までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る