作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

タグ

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

INABA(イナバ)FXN型バイク保管庫の鍵が奥までささらず開かない 鍵開け

現場住所 愛知県名古屋市名東区

本日は「文化シャッターの鍵が奥までささらなくなって開けられないので開けて欲しい」とのご依頼で出動!

INABA(イナバ)FXN型バイク保管庫

 イナバ FXN型バイク保管庫についているBUNKA 文化シャッターのディンプルキーが奥までささらないくなり開けられないというトラブルは結構多いようですが、他の鍵屋に電話したら「ディンプルキーだから無理」と断られる事が結構あるようです。
 それで困ってweb検索して当店の作業事例を見てご連絡いただくことがちょくちょくあります。

 シャッター錠の鍵が奥までささらなくなる原因は、室内側のサムターンが正しい水平位置でになっておらず、そのサムターンが邪魔をすることで鍵の先端が当たってしまうからです。

 なぜサムターンに鍵の先端が入るようになっているかと言うと、一般的な錠前がシリンダーの奥についているカムと呼ばれる部品で錠本体を作動させているのに対し、シャッター錠は鍵の先端がカムの役目をして錠本体を動かしているからなんです。

奥までささっていないので当然回りません

 電話で状況をヒアリングしたところ、今回も同じ状態のようなので解錠料金をお伝えしてお伺いさせていただきました。

 見てみると、やはり鍵のストッパー部分とシリンダーの間に2ミリほど隙間が空いているので鍵が奥まで刺さっていないのが分かります。

ピッキングしてシリンダーを回します

 ということでやっていきましょう。
車の解錠で使用するヒラキと呼ばれる道具を入れて、ピッキングしてシリンダーを回します。
 ただ、そのまま回すだけだとシリンダー内筒のみ回転して再度回らなくなってしまうので、ある方法を使って開錠します。

サムターンがこの状態だと鍵が奥までささりません

開錠後はバイク保管庫の内側に回りサムターンが水平になっていることを確認します。

お客様の鍵で問題なく開け閉めできます

 あとはお客様の鍵で問題なく開け閉めができる事を確認し、今回のトラブルの原因と、今後同じようなトラブルが起きにくくなる使い方のコツをご説明して作業終了です。

その他文化シャッターの作業事例はこちら

BUNKA(文化)シャッター、SANWA(三和)シャッター、TOYO(東洋)シャッター、KAWAKAMI(川上)シャッターの交換、取り付け、修理は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。


一覧へ戻る