作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

タグ

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市中村区】PLUS 更衣室ロッカーの鍵をなくした 鍵穴から紛失キー 作成

作業場所 愛知県名古屋市中村区

本日は「更衣室ロッカーの鍵をなくして中の荷物が取り出せないので鍵を作って欲しい」というご依頼で出動!!

同じタイプのロッカーが30台ほど置いてありました

もう1/21日ですが改めましてあけましておめでとうございます。
今年初めての作業事例更新となります。
昨年は一日一回毎日作業事例をアップするという課題を自分に課し、実際最終営業日となる12/27までなんとかアップし続ける事ができました。
しかし、そこから正月休みに入ったことで一気にやる気が失せて今日までアップしていませんでした笑
今年は毎日アップはせず、イモビライザーやスマートキー関連と今までやってないような案件を中心にぼちぼちアップしていこうと思っているので引き続きお付き合い下さい。

キーナンバーは数字4桁

ということで本題。
お伺いしてみると、ロッカーにも鍵にもメーカー名は記載されておらず、鍵には数字4桁の刻印があるだけでした。

他のロッカーにささっていた鍵を見せてもらいます

これではどこのメーカーのロッカーか特定できないので、ご依頼いただいたお客様のロッカー以外の同じタイプのロッカーにさしてあった鍵を見せてもらいブランクキーを特定していきます。
鍵の溝と形状から特定したブランクキーはH459でした。
H459はPLUSという事務機器メーカー用のブランクキーなので、このロッカーはPLUSのOEM生産品ということなのでしょう。

裏側は鍵溝がないタイプ


これでメーカーとブランクキーとキーナンバー(無印数字4桁)ということが分かりましたのでコードデータがあるか確認したところありました!
が、なぜかこのロッカーのキーナンバー部分だけデータが記載されていません・・・
しかも、滅多に見ない鍵で工事車に積んでいなかったので店舗スタッフに確認したところ1本しか在庫がないそう・・・
こりゃ失敗できません(汗)

ブランクキーはH459でした

ということで鍵穴をスコープで覗き、7本あるタンブラーの段差を読み取りその通りにコードマシンと呼ばれるキーマシンでブランクキーをカットしたところ無事一発で回りました♪

無事回りました♪

あとはお客様に動作確認していただいて作業終了です。

当店の作業事例を見てよく「鍵をなくしたので番号から鍵を作って欲しい」というお問い合わせをいただきますが、当店ではロッカーやキャビネットの鍵を鍵穴に刻印されたキーナンバーのみで作成することは防犯上の観点から承って下りませんのでご了承下さい。


その他ロッカーの作業事例はこちら

■コクヨ(KOKUYO) ■オカムラ(OKAMURA)
■プラス(PLUS) ■内田洋行(UCHIDA)
■イトーキ(ITOKI) ■ナイキ(NAIKI)
■生興(SEIKO FAMILY) ■東洋事務器(TOYO)
■豊通(TOYOSTEEL) ■ライオン事務器(LION)
■アイリスチトセ(IRIS CHITOSE) ■イナバ(INB)
■くろがね(KUROGANE) ■ダイシン(DSK)
■トヨセット(TOYOSET) ■日本スチール(ビクトリー)
■ラクダ(RAKUDA) ■トーホー(TOHO)
■AGE(HINAKA) ■ダブルエスシーオー(W.S.CO.)
■ダイヤ(DAIYA) ■スター(STAR)
■オダイラ(ODAIRA) ■キンキロック(KINKI LOCK)
■ムサシ(MUSASHI) ■ブラザー(BROTHER)
■アイティーオー・イトー(ITO)■東京鋼機(TOKYO KOKI)

等のメーカーの机・脇机・ワゴン・オフィスデスク・サイドキャビネット・サイドワゴン・スチールキャビネット・袖机・両袖机・片袖机・引き出し・抽斗・
書庫・書類棚・データファイル書庫・壁面書庫・両開き書庫・引き違い書庫・コンビ書庫・保管庫・ロッカー・更衣ロッカー・多人数用ロッカー・更衣室ロッカー・キャビネット・物置・収納庫・倉庫・メールボックス・シューズボックス・ファイリングキャビネットなどの解錠、鍵開け、錠前交換、紛失鍵作製、修理はカギの救急車 黒川店 上飯田店までお気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る