作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市西区】kawasaki ELIMINATOR カワサキ エリミネーター鍵紛失 鍵穴から紛失鍵作成

作業場所 愛知県名古屋市西区

本日は「カワサキ エリミネーターの鍵を紛失してしまったので作って欲しい」とのご依頼で出動!

kawasaki ELIMINATOR カワサキ エリミネーター

カワサキ・エリミネーター(ELIMINATOR)は1986年に発売されてマイナーチェンジをしながら1995年まで販売されていたオートバイで、125cc、250cc、400cc、500cc、600cc、750cc、900cc、1000ccと様々な排気量のモデルがあります。

作業中

【名古屋市中区】kawasaki(カワサキ)ELIMINATOR(エリミネーター)鍵紛失・キー無し作製

だいぶ前にやったエリミネーターは400ccだったようですが、今回は何ccのバイクだったか失念しました・・・

給油口

鍵屋的にはカワサキのバイクの紛失キー作成はちょっと身構えます。
理由は下の引用をご参照ください。



なぜかと言いますと、ホンダ、ヤマハ、スズキなどのメーカーの紛失キーの作製をする場合は、イグニッションシリンダーというエンジンを掛ける鍵穴を覗いてタンブラーの高さを読めば、ほとんどの場合、給油口やヘルメットホルダー、ハンドルロックなど全ての鍵穴が回ります。

しかし、カワサキのバイクはイグニッションシリンダーのタンブラーの高さを読もうとしても、本来4段階あるはずの高さの違いが特殊なタンブラーの形状により2段階にしか見えないんです。

つまり、1と2の高さが同じ高さに、3と4の高さが同じに見えるんです。

これでは見たまま鍵を切っても当然回りません。

では、どうするかというと給油口やヘルメットホルダー、ハンドルロックから作るしかないわけです。

だがしかし!

給油口やヘルメットホルダー、ハンドルロックそれぞれに入っているタンブラーの位置や数が全部違うんです。

1~6本まであるタンブラーのうち、1~3本が給油口で、2~6本がハンドルロックとかです。

全てのシリンダーの高さを呼んでそれを組み合わせて鍵を切って初めてイグニッションシリンダーが回る鍵ができるわけです。

ヘルメットホルダー

ということでやっていきましょう。

まずは給油口、ハンドルロック、ヘルメットホルダーを除いてタンブラーの本数と高さを確認し共通の部分を見つけます。

ハンドルロック

それをヒントに1~6まであるタンブラーの位置と高さを順番に特定してブランクキーのその部分を削ってそれぞれの鍵穴が回る鍵を順に作成し、最終的にイグニッションシリンダーが回る鍵を完成させるという寸法です。

イグニッションシリンダー

今回はkawasakiとしては比較的スムーズにいき20分ほどで全ての鍵穴が回る鍵が作成できました。

しかしこれ、ぼったり鍵業者だと「kawasakiは難しいから10万円です」とか平気で言いそう・・・と思ってぼったくり業者がホームページに載せてる料金表の画像(テキストじゃないというところが重要!)を見に行ったら、M331が約4万円(作業料のみ出張費別途)なので安く見えちゃいました(錯乱)

ちなみにこの業者は、シリンダーに入っているタンブラーの本数を基準に料金設定しているようで、この鍵は6本ピンなのでその価格になるようです。


参考までに書くと、7ピンだと約5万円、8ピンだと約6万円、9ピンだと約7万円、10ピンと11ピンはなぜか同じで約9万円のようです(しつこいけれど 作業料のみ出張費別途 )

当店では車種などにより料金は変わりますが、5本ピンでも11本ピンでもギザギザキータイプの場合は出張費込みで大体1万円から2万円くらいです。

あと、なぜ料金表が画像にしてあるかと言うと、料金をweb検索で調べられないようにするためなんですね~
ちなみに、こういうことをする業者は当然会社の情報や社長の名前もテキストとして残さず画像で掲載しています。

これは鍵業者に限ったことではなくて、水道、ガラス、パソコン、害虫駆除などの緊急依頼を受けるほとんどのぼったくり業者は同じ手法を使っています。

「会社情報や社長の名前を画像で掲載している会社にロクなところはない!」ということを覚えておいて損はありません。

しかし、近年はパソコンよりもスマートホンで調べる方の方が多いですし、カギのトラブルで慌てている時にそこまで確認するのはなかなか難しいと思うので、ぼったくりではない安心な鍵屋や他の業者を探すのに一番大事なことは、地元に店舗を持って長年に渡って営業してる会社を選ぶという事ですね。

その他kawasaki カワサキの作業事例はこちら
HONDA(ホンダ)、YAMAHA(ヤマハ)、SUZUKI(スズキ)、KAWASAKI(カワサキ)、バイク、原付の鍵紛失、スペアキー作製、マグネットキーの作製などのご相談はカギの救急車 上飯田店 黒川店までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る