作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市北区】HONDA FIT SHUTTLE HYBRID ホンダ フィットシャトル ハイブリッド 前期型 平成24年式(2012年)鍵をなくした スマートキー全紛失

作業場所 愛知県名古屋市守山区

本日は平成24年式(2012年)ホンダ フィット シャトルハイブリッドのスマートキーを全てなくしたお客様のご依頼で出動!!

HONDA FIT SHUTTLE ホンダ フィット シャトル

HONDA FIT SHUTTLE HYBRID ホンダ フィットシャトル ハイブリッドは、フィットベースの小型ステーションワゴンで2011年~2015年まで販売されました。

型式:GG7/8/GP2型
年式:平成23年(2011年)~平成27年(2015年)
前期型ハイブリッド(2011年6月~2013年8月)ツイストノブタイプ
後期型ハイブリッド(2013年8月~2015年3月)プッシュスタートタイプ

※全車イモビライザー標準装備

平成24年式(2012年)DAA-GP2型

お客様のお車は平成24年式(2012年)で、前期型ハイブリッドのためツイストノブタイプ となっています。
全紛失ですのでまずは鍵穴から鍵を作製していきますが、こちらに使用されている鍵は、ホンダのMT-7という外溝4トラック特殊キーで、レーザーキーまたはウェーブキーなどと呼ばれるタイプです。

前期型はツイストノブタイプ

ピッキングして鍵穴を回した状態で高さを呼んだら、作業車に積んだコンピューターキーマシンにデータを入力して鍵を自動でカットします。
カットが終わったら鍵穴が回るか確認するわけですが、このMT-7は段差の間隔が狭く、一段階ほど間違えても回ってしまう場合があります。
ただ回るだけなら良いのですが、完全に正解じゃない鍵で無理して回してしまったりするとシリンダーが一発で壊れてしまう可能性が高い厄介な鍵なんです・・・
ということで慎重に回したところ、ちょっと嫌な手応えがあったので、鍵をジーーーーっと見てどこが違うか確認します。
怪しい場所を修正して再度チャレンジしたところクルックル回るようになりました。
次にイグニッションシリンダーですが、こちらには1本余分にタンブラーが入っているのでその分もカットしたところ無事回りました。

イモビライザーチップ入りスペアキー

鍵が出来上がったので、続いてイモビライザーを車両に登録していきます。
登録機を繋いでピコピコやったらイモビライザーランプが消灯して登録成功です。
あとはツイストノブを取り外して鍵をさしこみ回したところエンジン始動しました。

スマートキー登録完了♪

後日、やはり鍵だけだと不便ということで、中古スマートキーも登録させていただきました。
一度スマートキーになれてしまうとやっぱり鍵をいちいち取り出すのは面倒になりますね。

当店では、ツイストノブタイプ、プッシュスタートタイプ共にスマートキー全紛失からの登録やイモビライザーキーの作製を承っております。
ほとんどの場合は、車の置いてある場所に伺って即日作製可能ですので、鍵を全部なくしてしまったがすぐに車を動かしたいという方はお気軽にご相談下さい。

その他フィットの作業事例はこちら

トヨタ(TOYOTA)日産(NISSAN)三菱(MITSUBISHI)富士重工業(SUBARU)マツダ(MAZDA)スズキ(SUZUKI)ダイハツ(DAIHATSU)
車の内溝キー、特殊キー、イモビライザーキー、合鍵などのご相談はカギの救急車 上飯田店 黒川店までお気軽にご相談ください。

車・バイクのイモビライザー付きの合鍵作製についてはコチラ

一覧へ戻る