作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

タグ

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市北区】平成24年式(2012年)ダイハツ DAIHATSU 2代目タント TANTO L375S スマートキー キーフリー 追加登録

作業場所 愛知県名古屋市北区黒川本通

本日は、平成24年式(2012年)ダイハツ DAIHATSU 2代目タント TANTO L375S のキーフリー(スマートキー)追加登録にお客様がご来店!!

平成24年式(2012年)ダイハツ DAIHATSU 2代目タント TANTO L375S

ダイハツ タントは、2003年から販売されている軽トールワゴンでダイハツの代表車種と言っていいと思います。

初代
型式:L350S/L360S型
年式:平成15年(2003年)~平成19年(2007年)

2代目
型式:L375S/L385S型
年式:平成19年(2007年)~平成25年(2013年)

3代目
型式:LA600S/LA610S型
年式:平成25年(2013年)~令和元年(2019年)

前期型:平成25年(2013年)~平成27年(2015年)までは、四角に丸ボタンタイプのスマートキー使用

後期型:平成27年4月からは、砲弾タイプのスマートキー使用

4代目
型式:LA650S/LA660S型
年式:令和元年(2019年)~

イモビライザー搭載については、平成19年(2007年)12月~の「X」は標準装備。
プッシュスタート・ツイストノブタイプは全車標準装備。

2代目「TANTO」(L375S/L385S型 2007年-2013年)

スマートキーはメーカー各社によって呼び方が異なり、トヨタは「スマートエントリー」、日産は「インテリジェントキー」、ホンダは「Hondaスマートキー」、スバルは「アクセスキー」、三菱は「キーレスオペレーションキー」マツダは「アドバンストキー」、ダイハツは「キーフリー」、スズキは「携帯リモコン」などの種類があります。

ただ、これはあくまで呼び方だけの違いですので、総称して「スマートキー」または「スマートエントリー」で問題ありません。

それにしてもスズキの「携帯リモコン」という呼称に昭和感が溢れていて微笑ましいですね。

お客様のお車は、2代目L375Sですので、エンジン始動方式はツイストノブタイプとなります。
スマートキー(キーフリー)は四角に丸ボタンタイプで、3代目LA600S/LA610S型と似ていますが、スマートキー表面に施されたポツポツした窪み(ディンプル)の形状が違います。

今回のお車は片側電動スライドドアなため、3つボタンタイプのスマートキーを登録していきます。

ツイストノブタイプ

ということでやっていきましょう。
登録用の機械を車両に繋ぎ、お客様のメインキー(ヘッドがホームベース型のカギ)を使用して車両を登録モードにしたら、手順通りにスマートキーを登録します。

左のスマートキーを追加

ダイハツ車のスマートキー登録は何種類かあり、慣れるまで失敗したり時間が掛かることもありましたが、最近はかなりスムーズにできるようになりました。
なにごとも経験ですね~


その他ダイハツの作業事例はこちら

フォルクスワーゲン、アウディ、セアト、シュコダ、ポルシェ、アルファロメオ、ビュイック、キャデラック、シボレー、シトロエン、大宇、ダフ、フィアット、フェラーリ、GMC、長城汽車、ホールデン、ホンダ、インフィニティ、いすゞ、イヴェコ、ジャガー、起亜、ランボルギーニ、ランチア、レクサス、マセラティ、三菱、オペル、プジョー、ポンティアック、SsangYong, プロトンとボルボ、トヨタ(TOYOTA)日産(NISSAN)三菱(MITSUBISHI)富士重工業(SUBARU)マツダ(MAZDA)スズキ(SUZUKI)ダイハツ(DAIHATSU)
車の内溝キー、特殊キー、イモビライザーキー、合鍵などのご相談はカギの救急車 上飯田店 黒川店までお気軽にご相談ください。

車・バイクのイモビライザー付きの合鍵作製についてはコチラ
http://www.kagi-9948.com/aikagi/#aikagi03

一覧へ戻る