作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田店のご案内
  • 黒川店のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!
  • bドロボウの手口|バナー
  • ニセモノにご注意ください

【名古屋市北区】小松製作所 KOMATSU コマツ ユンボの鍵 重機 折れた鍵の修理 曲がった鍵から合鍵作製

作業場所 愛知県名古屋市北区黒川本通

本日は「ユンボの鍵をポケットに入れたまま洗濯したら鍵が曲がってしまったので直して欲しい」というお客様がご来店!

上から

上から

横から

横から


拝見させていただくと、ほぼ90度に曲がってしまっていました。

恐るべき洗濯機のパワー!笑

こういった場合「鍵が曲がってしまったので直してほしい」とご来店いただくお客様が多いのですが、こういった場合に折れた鍵を直そうとすると金属疲労により折れてしまうことがほとんどなので、当店では修理はしておりません。

そのかわり、鍵を元のデータ通りに復元させる【コード複製】と言う技術により合鍵の作製が可能です。

ということでやっていきましょう。

まずは適合するブランクキーを探します。

今回の鍵はM410というブランクキーです。

あとは、元鍵からタンブラーの高さとピッチ(間隔)を読み取り、コードマシンと呼ばれる専用の機械でカットして作業終了です。

 

その他折れた鍵・曲った鍵の作業事例はこちら

小松製作所 KOMATSU コマツ、SANWA(三和シャッター)、BUNKA(文化シャッター)、TOYO(東洋シャッター)、KAWAKAMI(川上シャッター)、SHOWA(ショーワ)GOAL(ゴール)MIWA(ミワ)U9等の住宅錠、自動車、バイク、ロッカー、事務机(デスク)、キャビネット、金庫などの折れた鍵からの合鍵、曲がった鍵からのスペアキー、壊れた鍵の複製、修理はカギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る