作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市千種区】文化シャッター 電動シャッタースイッチ スイッチボックス シャッターボックス 鍵紛失 鍵開け シリンダー交換 カムロック取り替え

作業場所 愛知県名古屋市千種区

本日は「自宅の電動シャッターのスイッチの鍵を失くして開けられないので鍵を作ってほしい」とのご依頼で出動!

シャッターボックス

シャッターボックス

お伺いしてみると、文化シャッターの電動シャッターがついていました。

今のところリモコンキーがあるので開け閉めはできているが、壊れたり失くしたりしたら開け閉めできなくなってしまうので非常用に作っておきたいという事でした。

ということで早速シャッターボックスをピッキングして開錠します。

シリンダーを取り外したところ

シリンダーを取り外したところ

鍵穴から鍵を作製することもできますが、そんなに変わらない料金でシリンダー交換もできるのでお客様にご提案したところ交換でご成約いただきました。

鍵無し作製はブランクキーを加工して作るので合鍵扱いですし、鍵は一本しか付きません(もちろん合鍵の追加はできます)が、シリンダー交換すれば純正キーが二本つきますしね。

文化シャッター純正キー2本付き

文化シャッター純正キー2本付き

交換が終わって開け閉め確認したところ、ぐっと扉を押し込みながら出ないとカムがストライクに当たって閉まりにくかったので、サービスで閉まりやすいように加工させていただきました。

あとはお客様に確認していただいて作業終了です。

作業後、お客様に当店の電話番号をどうやって調べたのかお伺いしたところ、ネットで調べて他の鍵屋さんに電話してみたら、「シャッターの事はシャッター屋に頼んでくれ」と言われたそうです。

マジですかw

あと、ホームページに私の顔が載っていたので安心して頼めたそうです。

当店では、基本的に全ての出張作業は代表の大城が対応させていただきます。

私が作業中などですぐに伺えない場合でお急ぎの場合は、カギの救急車の他店舗のスタッフに対応してもらいますが、いずれも店舗を構えたお店ですので安心してお任せください。

 

BUNKA(文化)シャッター、SANWA(三和)シャッター、TOYO(東洋)シャッター、KAWAKAMI(川上)シャッターの交換、取り付け、修理は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

 

一覧へ戻る