作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田店のご案内
  • 黒川店のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市中村区】HONDA(ホンダ)TODAY(トゥデイ)原付バイク 鍵をなくした 鍵紛失 作製

作業場所 名古屋市中村区

本日は「HONDA(ホンダ)TODAY(トゥデイ)原付バイクの鍵をなくしたので作ってほしい」とのご依頼で出動!


お電話の時点で、盗難防止シャッターは開いている状態でシャッタ-キーは不要と言う事で、差し込む鍵のみの作製でお伺いさせていただきました。

ホンダのトゥデイというとすぐに軽自動車のトゥデイを想像してしまうんですが、同じ名前でもコチラはスクーターのトゥデイです。

紛らわしいですね。

で、バイクの方のトゥデイは2002から2016年まで生産販売されていましたが、現在は生産終了となっています。

ということでやっていきましょう。

まずはイグニッションシリンダーに刺さるブランクキーを探します。

今回は盗難防止シャッターが開いている状態なのですぐに鍵作製の作業に入れますが、盗難防止シャッターが閉まっている場合は、解錠するかシャッタキーを作製しないといけないのでその分の料金が加算となります。


ブランクキーが見つかったら、イグニッションシリンダーにヒラキを入れて鍵穴のタンブラーの高さを読み取ります。

ホンダのこのタイプは5本ピンの三段階差なので比較的簡単に作製が可能です。

あとは読み取った高さ通りに、コードマシンというキーマシンでブランクキーをカットします。

原付バイクはほとんどの場合で片ピン(どちらか片方にしかタンブラーが入っていない)のため、とりあえずブランクキーの片側だけカットして回るかどうか確認します。

無事一発で回ったので同じデータで反対側も削って完成!

全作業10分ほどで終了しました。

 

HONDA(ホンダ)、YAMAHA(ヤマハ)、SUZUKI(スズキ)、KAWASAKI(カワサキ)、バイク、原付の鍵紛失、スペアキー作製、マグネットキーの作製などのご相談はカギの救急車 上飯田店 黒川店までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る