作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市北区】UR都市機構 団地 MIWA(美和ロック)HPL KABAace(カバエース)交換 取り替え

現場住所 愛知県名古屋市北区

本日は、「鍵を落としたのでシリンダーを交換して欲しい」とのご依頼で出動!

バリアフリータイプなので鍵もリバーシブルキーのUR-Jです。

バリアフリータイプなので鍵もリバーシブルキーのUR-Jです。

刻印は「MIWA HPL」

刻印は「MIWA HPL」


当店の近所のなので昔からしょっちゅうご依頼をいただいて伺っている団地なんですが、近年のバリアフリー化に伴い、体の不自由な方やお年寄りからの希望や、入退去の際にどんどんバリアフリー錠に変更されていっています。

元々ついていたのが「MIWA HPD」という外側がノブタイプの錠前で、新しいタイプは「MIWA HPL」という品番になり、外側も室内側も大きなレバーに変更されています。

このHPLは使いやすくなって良いんですが、外側レバーの突出部が大きくてHPD用のシリンダーだと鍵穴が奥に引っ込んでしまい使いづらいので、HPL専用のシリンダーを使用しないといけません。

ちなみに、U9HPDシリンダーは78mmで、U9HPLシリンダーは88mmとなっており1センチの違いがあります。

でも大丈夫!そう!カバならね!

ってことで、ドルマカバのカバエースはシリンダーの長さが86mmとなっておりHPLの88mmよりほんの少し短いだけなのでそのまま使用することができます。

ということは逆にHPDだと鍵穴が少し飛び出てしまうんですが、そもそもHPDはドアノブの奥に鍵穴があり鍵を挿しこみにくいので、KABAaceに交換する事よって使いやすくなるというメリットもあります。

交換後はお客様に動作確認していただいて作業終了です。

「これで安心できる」とお喜びいただきました。

 

団地、公団、市営住宅、美和(MIWA)カバ(KABA)シリンダー、補助錠、インテグラル錠、勝手口の防犯、住宅錠、引き違い錠、引き戸錠の交換、取り付け、修理、サムターン回し対策は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る