作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市東区】WEST 500 自動ドア ピンシリンダー 紛失鍵の作製

作業場所 愛知県名古屋市東区葵

本日は「自動ドアの鍵がないので作るか交換して欲しい」とのご依頼で出動!!


 

拝見させていただくと、片引きの自動ドアにWEST「500」がついていました。

錠前を交換する場合は、デッドボルトが出てくる位置についているフロントから、シリンダーの中心(軸芯)部分までの長さであるバックセットというものが非常に重要です。

このバックセットが合わないと切欠き穴との位置が合わず付かないんですね。

で、一般的な錠前は大体バックセット30mmくらいから100mmくらいの物が多いんですが、このWESTの500はなんとバックセット18mm!
非常に短い(笑)
これより短いバックセットってあるのかな?

 

自動ドアの錠前を交換するとなるとドアを脱着しないといけないんですが、こちらの建物は自動ドアの室内側部分に造作物を作ってしまってあり、外すとなるとかなり大掛かりな工事になり費用も多くかかってしまうため、今回は鍵穴から鍵を作製させていただくことになりました。

という事でやっていきましょう。
まずは鍵穴を覗いてピン数を確認し、ささるブランクキーを選定します。

ささる鍵が見つかったら、ヤスリを使って手作業で少しずつブランクキーを削って合わせていきます。

 

だんだんと、正解に近づいてきてついにクルッと鍵が回る瞬間は何回やってもいいものです。

全然できないと腹立ちますけどね(笑)

回る鍵ができましたが、それは傷がついて金属疲労もたまっており折れやすいので、そこから合鍵を作ります。

あとはお客様に動作確認していただいて作業終了です。

 

WEST(ウエスト)GOAL(ゴール)MIWA(ミワ)U9等の鍵を失くした方、鍵折れ、自動ドア、住宅錠、自動車、バイク、ロッカー、事務机(デスク)、キャビネット、金庫などの折れたカギの取り出し、解錠、修理、復元、シリンダー交換は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

 

一覧へ戻る