作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市東区】KODAI(コダイ)間仕切りレバー 空錠 解錠交換

作業場所 愛知県名古屋市東区徳川

本日は「部屋のドアが開かなくなったので開けて欲しい」というご依頼で出動!!

レバーを下げてもラッチが引っこまず開きません(画像は既に開けちゃった後ですがw)

レバーを下げてもラッチが引っこまず開きません(画像は既に開けちゃった後ですがw)

 

お電話でお話させていただいたところ、間仕切りドアには鍵などはついていないのに開かなくなったという事でした。

こういった場合はほぼ間違いなく錠ケースの内部の部品が金属疲労で折れて壊れたことが原因だと思われますので、概算の料金をお伝えして訪問させていただくことになりました。

 

お伺いして拝見させていただくと、案の定ラッチの故障で開かなくなっていました。

幸い今回開かなくなったドアは他のドアからも出入りできる部屋のものでラッチに直接触ることができましたので、ドリルで破錠しなくても道具を駆使して解錠することができました。

解錠後、お客様に交換するかお伺いしたところ「でも凄く高いんでしょ?」と仰います。

まずはお見積りするので交換するかどうか決めてくださいと価格を言ったところ「それなら交換してください」と即答でした(笑)

聞いてみると、何年か前に同じ状態になって違う業者を呼んだら、作業に一時間以上掛かったうえ3万円以上も請求されたそうです・・・

そんなことがあったので今回はどの業者を呼ぼうかとても迷ったそうですが、地元の店が良いという事で当店にお電話下さいました。
お客様グッドチョイスでございます♪

右が古いラッチ。左が新しいラッチです。

右が古いラッチ。左が新しいラッチです。

 

間仕切り錠を交換する場合は、できればセットで全体交換するのが安心ですしレバーなども綺麗になりますので、当店では基本的にこちらをお薦めしています。

しかし、間仕切りレバーの形状や色は非常にたくさんの種類があり、古いものはどんどん廃番になり手に入らないことがよくあります。

という事で、セット交換する場合当店では万能タイプの錠前に交換することがほとんどですが、その場合微妙な色目やレバーの形が変わります。

あとは、錠前セットでの交換ですと加工が必要になったりする場合も多く、どうしても費用がある程度かかります。(とはいっても3万円なんてことはありません)

そんな時は、故障したラッチという部品のみ交換すると費用が安く済みますし、レバー等は今までと同じ物を使用しますので他の部屋とデザインが違うという事もありません。(そのかわり見た目は古いままです)

という事で、今回はKODAI(コダイ)の「TL-51」というラッチのみを交換させていただきました。

 

 

お客様に動作確認していただいたところ「スムーズに動くようになったし、今回は安く済んで嬉しい」と喜んでいただけました。

「あ、でも出来れば完全に壊れる前に交換で呼んでいただくと解錠費用が掛かりませんのでもっと安くなりますよ」とお伝えしたところ「なるほど!」とご納得されていました(笑)

皆様も、ドアノブやレバーの調子が悪かったり、今まではどちらに回しても開いていたのにどちらか片方に回した時しか開かなくなったなんていう場合は、既に錠ケース内部の部品が片方折れているという事ですので、完全に開かなくなる前に交換をお薦めいたします。

 

KODAI(コダイ)ムラコシ(MURAKOSH)、川口技研(GIKEN)ギケン、ウエスト(WEST)、アトムリビンテック(ATOM)、マツ六(ECLE)等の建具、間仕切り、戸襖、襖、引戸、引き違い戸、引き分け戸のの鍵取り付け、錠前取り付け、交換・解錠・鍵開け・紛失鍵作製・合鍵はカギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

 

 

一覧へ戻る