作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市北区】HONDA(ホンダ)バイク給油口 破壊解錠

作業場所 名古屋市 北区 黒川本通

本日は「ホンダのバイクの給油口の鍵が空回りして開かなくなったので開けて欲しい」というお客様がご来店!!

 

お客様はタンクだけはずした状態でお持ちになりました。

ガソリンは入っていない状態です。

 

鍵をお借りして回してみましたが、確かに空回りして全く手応えがありません。

蓋さえ開けることができれば給油口ユニットの交換はできるので壊してもらっても構わないという事で作業開始です。

ドリルでシリンダーの内筒をある程度壊して取り外したところ、シリンダーの後ろについている筈のカムが二本とも金属疲労で折れていました。

 

シリンダーの内筒を取り外しただけでは開錠できませんので、給油口を留めている二か所のラッチを同時に内側に引き込みながら引っ張り上げてなんとか開けることができました。

給油口の蓋を留めているラッチは、結構強いバネで自動的に飛び出るように作られていて、このバネを縮める力が毎回掛かることを考えたらどう考えてもカムの作りが細すぎます。

そりゃ折れるわって感じですね。

これは他にもこういう事例が結構あるんじゃないのかな?

 

「カギの110番・カギの救急車」グループは、コールセンターだけで店舗を持たず出張作業を下請けにふって手数料を稼ぐような業者と違い必ず店舗があります。

当店ではお持込みしていただくと、料金が出張作業の半額となり大変お得ですので、持ち運びできる物であれば是非お持ちください。

ただし、作業内容によっては店舗スタッフでは対応できない場合もございますので、事前にお電話でお問い合わせください。

 

HONDA(ホンダ)、YAMAHA(ヤマハ)、SUZUKI(スズキ)、KAWASAKI(カワサキ)、バイク、原付の鍵紛失、スペアキー作製、マグネットキーの作製などのご相談はカギの救急車 上飯田店 黒川店までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る