作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市北区】東洋シャッター H162 曲がった鍵からスペアキー作製

作業場所 愛知県名古屋市北区黒川本通
本日は「一本しかないシャッターの鍵が曲がってしまったので直して欲しい」というお客様がご来店!

 

拝見させていただくと、H162という合鍵が、ものの見事に根元でねじ曲がっています。

お客様によると、大家さんからこの鍵しかもらっておらず純正の鍵もないという事でしたので、なんとかこれから作るしかありません。

下がお客様の合鍵、上がブランクキー。

下がお客様の合鍵、上がブランクキー。

80度くらい捻じれています。

80度くらい捻じれています。


 

このH162というブランクキーは東洋シャッター用の物ですが、データがないため手作業でピッチ(タンブラー間の距離)と深さを測ってコードマシンで削っていきます。

その後ヤスリで微調整して出来上がりましたが、あくまでデータがないところからの作製ですので、回るかどうか試してみないとわかりません。

お客様にその旨ご説明し、現地で試していただいたところ、鍵が途中までしか入らないという事で再度ご来店されました。

 

基本的にブランクキーは、内溝キーなどの一部を除いて、カットしていない状態でも鍵穴にささるものがほとんどです。

今回ささらなかったというのは、そもそもお客様がお持ちになった合鍵を作製した人が間違ったブランクキーを選定したのかもしれません。

しかし、元鍵がないので真相は闇の中なんですけどね。

とにかく、仕方がないので怪しそうなところを再度微調整し、もう一度試していただいたところ、無事に鍵がささって施解錠できたという事でした。

これで回らなかったら、シャッター錠を交換しなければならないところでしたので良かったです。

 

SANWA(三和シャッター)、BUNKA(文化シャッター)、TOYO(東洋シャッター)、KAWAKAMI(川上シャッター)、SHOWA(ショーワ)GOAL(ゴール)MIWA(ミワ)U9等の住宅錠、自動車、バイク、ロッカー、事務机(デスク)、キャビネット、金庫などの折れた鍵からの合鍵、曲がった鍵からのスペアキー、壊れた鍵の複製、修理はカギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る