作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市西区】ESSEN Adatto ダイヤル錠キャビネット インキー・インロック解錠鍵開け

作業場所 愛知県名古屋市西区上名古屋

本日は「キャビネットの鍵を中に入れて番号がわからなくなったので開けてほしい」とのご依頼で出動!

 

伺ってみると、「ESSEN」という聞いたことがないメーカー製のキャビネットでした。

帰ってから調べてみたら、アスクルで販売している中国製のキャビネットで、今は「Adatto ダイヤル錠キャビネット」という名前で販売されている商品のようです。

 

3桁の番号で解錠できるタイプです。

ちょっと見にくいですが、ダイヤルの右側の鍵穴の所がつまみになっていて、番号を合わせてつまみを回すと開錠できます。

お客様は普段番号を触らずにつまみを回すだけで開けられる状態で使用されていましたが、違う方が番号を触ってしまい開かなくなってしまったそうです。

しかも非常解錠用の鍵もキャビネットの中。

鍵穴があるので、普通にピッキングで解錠できると思いますよね?

でも、実はこの鍵穴は番号がわからなくなった時に番号を調べるためについている鍵穴なんです。

つまり、番号がわからなくなった時に鍵をさして回した状態で、ダイヤルをひとつずつ回すと、正解の所で番号が止まって動かなくなる仕組みになっているんです。

それを3回繰り返せば正しい暗証番号がわかるって寸法ですね。

こういった仕組みのダイヤル錠は、日本の大手のメーカーも作っていて、不特定多数が使用するロッカーなどで多く採用されています。

 

ロッカーやキャビネットにかかわらず、玄関などにも暗証番号等のキーレス錠が増えています。

しかし、こういったトラブルが多くありますので、非常解錠用の鍵はどなたかが持つようにしておくと安心ですね。

 

ESSEN Adatto ダイヤル錠キャビネット インキー・インロック解錠鍵開け、Sentry(セントリー)MIWA(ミワ)U9等の住宅錠、自動車、バイク、ロッカー、事務机(デスク)、キャビネット、金庫などの折れたカギの取り出し、解錠、修理、復元、紛失鍵作製、DAIKEN(ダイケン)、イナバ物置、ヨド物置、の錠前交換、修理、開錠・鍵作製はカギの救急車 黒川店 上飯田店までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

一覧へ戻る