作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

事例 キーワード検索

ドロボウの手口|バナー

ニセモノにご注意ください|バナー

鍵や防犯の専門用語はこちらで検索!

【名古屋市守山区】ハンガードア 引戸錠(戸先鎌錠)MIWA 73シリンダー 修理

作業場所 愛知県名古屋市守山区瀬古

 

本日は某施設の方より「鍵がささらなくなったので修理してほしい」というご依頼で出動!!

 

拝見させていただくと、ハンガードアの戸先鎌錠にMIWAの73シリンダーがついていました。(前回記事はコチラ

 

このシリンダーは通常鍵穴が縦向きになっていますが、これは横向きになっています。

 

鍵という物は、基本的に鍵を抜き差しする位置が決まっていて、その位置以外では抜けないようになっています。

しかし、タンブラーが抜けやすい配列だったり、摩耗することによってこのように本来の抜き差し位置以外で抜けてしまう場合があります。

 

こうなってしまうと鍵がささっていない状態にもかかわらずシリンダー自体は回っている状態(業界では決まっている状態と言います)のため、タンブラーが固定されて鍵が刺さらないわけです。

 

※厳密に言うと半分決まっているだけなんですが割愛

修理前(鍵穴横向き)

修理前(鍵穴横向き)

 

今回の鍵は、過去にピッキングですぐ開けられてしまうと問題になったように、かなりシンプルで大雑把な作りのため、比較的このようになってしまう事が多いですが、金庫等に使用されているディンプルキーシリンダーでもこうなってします場合がありますので注意が必要です。

 

修理方法としては、シリンダーをピッキングして正しい位置に戻すということになります。

 

修理後(鍵穴縦向き)

修理後(鍵穴縦向き)

 

ということで、ちょちょいっとピッキングして元に戻し鍵が問題なく使用できるのを確認して作業終了です。

 

本来であればもう寿命ですのでシリンダーを交換するべきですが、施設全体でマスターキーシステムを組んでいるためできるだけまだ使用したいということでしたので、鍵の使い方の注意点をご説明しました。

 

美和(MIWA)トステム(TOSTEM)リクシル(LIXIL)三協立山アルミ、YKK AP、新日軽、不二サッシ、等のサッシメーカー、ゴール(GOAL)美和(MIWA)カバ(KABA)プッシュプル錠や補助錠、インテグラル錠、勝手口の防犯、住宅錠、引き違い錠、引き戸錠の交換、取り付け、修理は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る