作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田店のご案内
  • 黒川店のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

  • bドロボウの手口|バナー
  • ニセモノにご注意ください

【名古屋市中区】商業施設 物入れ MIWA U9 シリンダーの中で鍵が折れた 折れ鍵取り出し 修理

作業場所 愛知県名古屋市中区

本日は「物入れの鍵穴の中で鍵が折れてしまったので取り出して欲しい」とのご依頼で出動!

お伺いしてみると、美和ロックのU9MAがついていました。

MAというのは、一番普及しているMIWAのレバーハンドル錠LAのドアノブタイプの品番なんですが、レバーかドアノブかの違いだけなのでフロント刻印はどちらも「MIWA LA MA」となっています。

で、ドアノブタイプとは言えついているのはノブではなく、防火扉や上下水道やガスの配管を上下階に通すためのPS(パイプシャフトまたはパイプスペース)によくついている、必要な時にだけ起こしてひねることができる取っ手です。

この取っ手のことはケースハンドルといいます。

「ケースハンドルと言います」とか偉そうに書いてますが、まず交換することのない部品なので呼び名を忘れてググりましたw

と、ここまで鍵折れとは全く関係ないことばかり書いていましたが本題!

鍵穴の中で鍵が折れて抜けないという場合、鍵が奥まで刺さっていて根元から折れている時は大体鍵が回った状態になっています。

つまり、本来鍵を抜き差しする位置になっていないのでそのままでは抜けるはずもありません。

したがって、まずは鍵穴を抜き差しできる位置までまず回す作業からしていきます。

鍵折れでご依頼いただいた時に当たることの多いMIWAのU9・UR系は、基本的に横向き(水平)で抜き差しします。

しかし、稀にアパートや病院のハンガードアなどで横向きにシリンダーをつけるタイプの錠前があるので、その場合はU9・URなのに縦向き(垂直)で抜き差しすることになるので注意が必要です。

ということで今回は鍵穴が横向きのタイプなので、まずはその位置まで内筒を回してから、鍵抜き用の専用治具で鍵を抜き取ります。

無事取り出せたら、あとは折れていない鍵で開け閉めの確認をして作業終了です。

 

たまに同じ状況のお客様が自ら何とかしようとして接着剤を折れカギの断面につけて引っ付けて取ろうとしたり、クリップを折り曲げて自作工具を作りチャレンジする方がいらっしゃいますが、無理ですし壊れて状況が悪化しますので絶対に止めてください。
そんな時は慌てずに カギの救急車 黒川店 上飯田店 にご連絡ください。

 

MIWA(ミワ)U9等の住宅錠、自動車、バイク、ロッカー、事務机(デスク)、キャビネット、金庫などの折れたカギの取り出し、解錠、修理、復元は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る