作業事例について 名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田店/黒川店 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田店のご案内
  • 黒川店のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車|トップ

MENU

0120-42-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

  • bドロボウの手口|バナー
  • ニセモノにご注意ください

【春日井市】食品スーパー 搬入口 ガラス扉 SYS(シブタニ)フランス落とし 加工交換 取り替え

作業場所 愛知県春日井市

本日は「お店のガラス扉の下についている鍵が壊れてガタつくので直して欲しい」とのご依頼で出動!

 

お伺いしてみると、2500mm位ある大きなガラス扉の下についているフランス落としのレバーが折れてしまって施錠出来ない状態になっていました。

レバーが折れてなくなっています

レバーが折れてなくなっています

一応上のフランス落としは無事なので多少ガタつきますが施錠は出来る状態なので、取り寄せして後日お伺いする事になりました。

元々ついていたフランス落としは SYS(シブタニ)のDE-5Zという品番ですが、コチラは既に廃盤となっていて後継機種のDE-5VNという物になります。

外形等は全く同じ寸法なんですが、何故かビスピッチが微妙に違うためそのままでは取り付ける事ができません。

右の新しいDE-5VNの方がビスピッチが広くなっています

右の新しいDE-5VNの方がビスピッチが広くなっています

ロッド棒を外します

ロッド棒を外します


壊れたフランス落としを取り外したら、ロッド棒を移植するために外さないといけないんですがこれがめっちゃ固い!

下向きのフランス落としは長年使っていると緩んでロッド棒が落ちてしまう場合があるので多めに緩み防止剤がつけてあったようです。

ウォーターポンププライヤーで力一杯回してなんとか外す事ができました。

次にそのロッド棒に緩み防止剤ロックタイトをつけて新しいフランス落としにねじ込みます。

ロックタイトで緩み防止

ロックタイトで緩み防止

次にビスピッチがずれているので、新しく穴開けをしてタップを切ります。

タップを切ります

タップを切ります

あとは高さを調節用の座板を噛ませてドアに取り付けますが、ロッドの先端をドアの下端に開いている穴に上手く入れないといけないのでコツが必要です。

完成♪

完成♪

交換が終わったらお客様に確認していただいて作業終了です。

 

フランス落とし、建具、扉、ドア、建具、丁番(蝶番)交換、建付け調整・修理はカギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る