名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田/黒川 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田のご案内
  • 黒川のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車 上飯田/黒川|トップ

カギの救急車 上飯田/黒川|メニューアイコン

作業事例Case

【名古屋市東区】公団住宅 MIWA 初期型PMK(75PM) 錠前交換

一覧へ戻る

作業場所 愛知県名古屋市東区矢田

本日は「鍵は回るのにドアが開かなくて家に入れない」というご依頼で出動!!

初期型はシリンダーの直径が28.5mmです。

初期型はシリンダーの直径が28.5mmです。

 

お伺いしてみると、築40年前後の公団住宅に美和ロックの初期型PMKがついていました。

PMKについて詳しくはコチラの作業事例をご覧ください。

鍵をお借りしてシリンダーを回してみると、デッドボルトがきちんと動いている感触があります。

それでも開かないという事は①建付け不良か、②ドア枠に異物が挟まってデッドボルトに側圧が掛かっているか、③ラッチの故障のどれかが原因という事になります。

PMKでダントツで厄介なのが③のラッチの故障なんですが、今回は残念ながら③でした・・・

初期型はMIWAの字体が丸くてサムターンがフラット形状です。

初期型はMIWAの字体が丸くてサムターンがフラット形状です。

 

ラッチが壊れているという事はドアノブを捻ってもラッチが引っこまず開かないという事なので、外部からこれを解錠するにはシリンダーをドリルで取り外しドアノブを切断してもいだうえで、錠ケース本体を留めている4本のビスをドリルで飛ばすしかありません。

想像しただけでうんざりしますね(笑)

しかし、今回は幸いにもベランダの窓が開いていたうえ、お隣さんも快く室内を通ってベランダまで入らせてくれたので大事にならずに済みました。

 

室内側に入ることができれば錠前を外すことで解錠できます。

取り外した瞬間に壊れていたラッチがバネに押されてびよよ~んと飛び出て来ました(笑)

こうなると大変なことになって、場合によっては人命に係わったり災害の元になったりするのを防ぐためにメーカーや日本ロック工業会(JLMA)は錠の耐用年数を定めているんですね。

(最近カギの調子が悪いな~でもまだ使えるからヘーキヘーキ)なんてほおっておくとこういった事態を引き起こしますので、皆様におかれましては早めの交換をお薦めいたします。

 

この初期型のPMKは現行のPMKと微妙にビスピッチがあっておらず多少加工しないと交換できない場合が多いです。

今回もビス位置をずらしタップを切り直して交換しました。

あとはお客様に動作確認していただいて作業終了です。

 

美和(MIWA)カバ(KABA)シリンダー、補助錠、インテグラル錠、勝手口の防犯、住宅錠、引き違い錠、引き戸錠の交換、取り付け、修理、サムターン回し対策は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る