名古屋市でカギのことなら カギの救急車 上飯田/黒川 にお任せください! 鍵のトラブル / 合鍵 / 開錠 / 防犯対策 等、お気軽にご相談ください。

  • 上飯田のご案内
  • 黒川のご案内
  • 0120-42-9948 お客様専用フリーダイヤル(両店共通)
カギの救急車 上飯田/黒川|トップ

カギの救急車 上飯田/黒川|メニューアイコン

作業事例Case

【北名古屋市】TOSTEM(トステム)玄関ドア MIWA DN(PS)シリンダー交換

一覧へ戻る

作業場所 愛知県北名古屋市六ツ師

本日はお客様より「鍵を失くしたのでシリンダーをかえて欲しい」とのご依頼で出動!

 

お客様とお話して、現在と同じトステムのDN(PS)シリンダーに交換させていただくことになりました。

 

突然ですが、コンスキーって知ってますか?

私は鍵屋になるまで知りませんでした(笑)

 

正式名称はコンストラクションキーと言いますが長いので、一般的にはコンスキーと呼ばれている物です。

新築時やリフォーム時の工事中に工事作業者が出入するために使用する工事用キーですね。

画像の真鍮色の鍵がコンスキーで、鍵の持つところに「工事中使用」としっかり書いてあります。

 

施主様が使用する本キーであるシルバーの鍵と比較すると、差し込む部分が短くなっていて、いったん正式な本キーを差し込むと、今まで届いていなかった奥のタンブラーまで作動するようになり、二度と使用できなくなるという仕組みです。

この機能のおかげで、工事完成後に施主様は業者に合鍵を作られていないか?という心配をせず安心して生活することができます。

 

ちなみに、左側の画像の「カギ在中」の中に本キーは入っていますが、この袋は一度開封すると元に戻せないようになっています。

これも業者が合鍵を作ったりできないようにする工夫です。
お客様自身で開封していただいて、鍵の本数を確認していただき開け閉めの確認をしていただきます。
トステム、LIXIL,YKK,などのサッシメーカー用は基本的にこうなっていますが、MIWAやGOALなどの鍵メーカーから出荷されるものはそうでないものも多くあります。
という事は、悪意のある業者であれば、事前に鍵の番号を控えたり、合鍵を作ってしまう事も可能になります。
そういったことからも、鍵業者を選ぶ際は、きちんと店舗を構えて地元に根付いた信頼できる業者を選ぶことをお薦めいたします。
「それでもやはり心配だ!」という方にはオーナー登録制度を採用したカバスターネオシリンダーをお薦めいたします。
上部錠前(QDK-668)とプッシュプル空錠(QDK-751)

上部錠前(QDK-668)とプッシュプル空錠(QDK-751)

上部錠前(QDK-668)とプッシュプル空錠(QDK-751)

下部錠前(QDK-668)

 

錠前は、比較的バールでのこじ開けに強い鎌デッド本締錠がついています。

シリンダーはLSPタイプですね。

本キーを使用する前なので回ります。

本キーを使用する前なので回ります。

本キーを使用する前なので回ります。

本キーで操作した後、コンスキーがもう使用できないことも確認していただきます。

 

コンスキーは、上部のシリンダーのみ使用できるようになっていて、工事中は下のシリンダーには使用できないようにシールが貼ってあります。

引き渡しをする際に剥がして、上下とも使用できるかお客様に確認していただきます。

 

LIXIL(リクシル)、TOSTEM(トステム)、新日軽、三協アルミ等のサッシメーカー、SHOWA(ショウワ)WXなどのディンプルキーや特殊キーの住宅開錠、交換、取り付け、修理は カギの救急車 黒川店 上飯田店 までお気軽にご相談ください。

 

一覧へ戻る